―Wish You Many Happy Returns―


高揚して、落ちる。

呼ばれて我に返った時にはまだ硝煙と血の香りに酔っている。
くらくらとブレる視界の中、お前の心配そうな顔を捉えると、


欲しくなる、


これは本能の先にある衝動。

「あ、羽沙希君?こちら処刑完了。処理班お願い」

バンで待機中の羽沙希への通話を切って俺の方を向き何か云い
かけて開いた唇に、死刑囚の血が付いたままの唇で触れる。
一歩下がって離れると、清寿は片方の眉の横に小さな皺を寄せ、
手の甲で唇を拭った。

「顔拭いてからにして、笑太君」

その手を包む手袋に細く長く、唇から拭い取られた血液が掠れた
赤い線を残す。

「ああ」

返事だけして目を伏せると、瞼の裏に緑色の線が浮かんだ。

「笑太君?」

俺の名を呼ぶ時の「君(くん)」の語尾が跳ね上がって、頬に、清寿
の指先が触れてきた。

「。。。頭痛ぇ」
「お疲れさま」

そう云われると同時に突然、顔中をタオルでゴシゴシ擦られた。

「もう少し優しくしてくれよ」

掴み取ろうとした手は俺の手の中からすり抜けて、もうキレイになって
いるハズの唇を最後に一回、強く擦った。

「ってぇなぁ!」
「これでも充分優しくしてるつもりだよ?」

微笑んで俺から離れてゆく。

「酷い任務だったね」

死刑囚の死骸を見下ろす清寿の肩から滑り落ちる髪。
闇に近い色のそれに隠されてゆく無表情な横顔。
汗が粒になって吹き出す程の暑さと、ムセそうになる死臭と腐臭。
赤いシミが付いた、白い手袋とタオル。
昼間なのに真っ暗な行き止まりの路地裏で。

「清寿。。。」

視力が戻ってきた目には闇に散らばる血の色。
聴覚が戻った耳には狂ったような蝉の声。
踏み出した靴の下でコンクリートが細かく砕ける感触。
徐々に通常を取り戻してゆく五感が余計に不安を煽る。

「なに、笑太君?」

笑うな。
いや、笑っていてもいいから。

「ここに居ろ」

隊服の下の、背中の上を真っ直ぐに流れ落ちてゆく汗。

「処理班が来てくれるまでは居るよ。笑太君何か用事があるなら
先に帰ってる?」
「違う!」

腕を掴んだ手を振り払われることはなく、目を丸くして不思議そうに
俺を見詰めている。

「ここに、居てくれ」

怒りによる高揚が去った後のテンションのギャップに感情が追い付いて
いないから、云いたい言葉が出てこない。

「。。ちゃんと傍に居るよ。笑太君が許してくれるならこの先もずっと」

清寿は微笑んで、掴まれているのと反対の手で俺の頬を撫でた。

「笑太君こそ、何も云わないでどこかへ行っちゃわないでよね」

近付き過ぎて、腰に下げたデザートイーグルと清寿のコルトガバメント
がホルダー越しに触れて乾いた音を立てる。

「今夜。。。」
「今夜さ。。。」

同時に云い出して、清寿に先を云うよう促す。

「笑太君、今夜って空いてる?」

はにかんだような微笑み。

「俺も今、同じ事訊こうと思ってた」

照れ笑いを返しながら、正直に云う。

「ホント?!良かった!」

満開の笑みを抱き締めしようと伸ばした腕が、清寿の次の行動で完全
に停止した。

「あ〜もしもし柏原班長。笑太君今夜ヒマだって!計画通りで大丈夫
みたいなんで、よろしく」

ニコニコと、携帯で電話を掛けている肩を掴む。

「計画。。。って?」

最近慌ただしかったから久しぶりにゆっくり2人で呑むのもいいな、と、
俺は思ったんだけど。

「笑太君、もうお店予約してあるんだから、先に帰ったらダメだからねっ!」

めちゃくちゃイイ笑顔だし、やたら楽しそうだし。。。

「明日、何の日?」

ポカーンとしている俺の様子を見てクスクス笑い、清寿が意味不明な事
を訊いてきた。

「明日?」
「うん。今分からなくてもすぐに分かるから、考えなくていいよ」

爪先立ちして唇に、啄むようなくちづけをされても。

「やっと処理班が着いたみたいだね」

それ以上の質問を遮るようにこちらへ向けられた背中を睨んでもこれから
何が起こるか分かるものでもなくて、胸の奥から深く息を一度吐いて、
謎かけの様なこの事態を楽しんでみるのもいいかな、と思うことにした。



その数時間後。


第一から第三部隊までの関係者や五十嵐に日付が変わるまで呑まされ、
清寿の音頭で「Happy Birthday笑太君!!!」と皆に乾杯されるまで、
これが何の為の呑み会か分からなかったということは、内緒にしておこう。


―The end―






P.S.
笑太の誕生日(厳密には前日)の話。
自分の誕生日など気にしてなさそう、
というイメージがあるので笑太には
サプライズを仕掛けやすそう。
清寿は自分のはどうでもいいけど、
周りの人の記念日はしっかり覚えていて
お祝いしたいタイプっぽい?

笑太の誕生日である8月17日から
一ヶ月以上も遅れました!!
夏コミ直後ってとこが鬼門なんですよ。。

。。って、毎年同じような事云ってますね
すみません(汗
12/09/23Sun.


Back